Category : 現金を手に入れる方法

現金化の仕組みってどうなってるの?


現金化という言葉は、最近になって少しずつ一般的に知られるようになってきているみたいです。それでもまだ、現金化という言葉の意味がよく分からないという人もいるでしょうから、これがいったいどういうものなのかということをできるだけわかりやすく説明していきます。

現金化というのは、ぶっちゃけて言うと、お金を得るための手段の一つです。消費者金融からお金を借りる場合と違って、現金化によって得られた現金は、基本的に、条件さえ満たせば(現金化のルールを守れば)あなたのものになります。

現金化を行うために必要となるのは、やっぱりクレジットカードでしょう。それも、ショッピング機能(ショッピング枠)のついたカードでなければいけません。多くのクレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠というふうに二つの枠がついていますが、現金化を行う際に用いるのは、ショッピング枠です。

ショッピング枠というのは、この枠で定められた限度額の範囲内であれば、例えば海外旅行の最中などでも、子のショッピング枠を利用すれば、この限度額の範囲内でキャッシュレスのお買い物を楽しむことができます。実際にショッピング枠というものを利用したことがある人もたくさんいるだろうと思います。

現金化を行う際、ショッピング枠を利用するのは純粋なショッピングのためではありません。確かに、いったんは何らかの商品を購入するのです。ただし、その購入した商品について、買っておいてそれで終わりというのではなくて、現金に買えます。ショッピング枠で購入した商品を現金に換えるからこそ、現金化というのです。

ショッピング枠で購入した商品を現金に換えるということを、言葉にすればなんだかすごく簡単なことのようですが、実際に、現金化という行為はそれほど誰でも簡単にできる簡単な行為というわけではありません。ショッピング枠で購入した商品を現金に変えようとしても、購入した商品にそれだけの価値がなければ、例え監禁したって大した金額にはなりません。的確に現金化を行うためには、それなりの専門知識が必要となり、しかも必要な知識の量は膨大です。だからこそ、クレジットカードの現金化を行う際には、自分でやるより専門のノウハウを持った業者に依頼したほうがいいのです。

業者に依頼した場合、商品を監禁した際の現金が百パーセント、現金化の依頼者に還元されるわけではありません。ただ、業者は依頼者に対して、現金還元化率の高い商品(つまり、転売した際に高く売れる商品)を指定して、この商品を買って、どういう状態でうちに持ってきてください、ということを指定してくれるので、基本的に、現金化の際に大きな失敗をするリスクというのが小さくなります。

現金化の基本的な仕組みは、クレジットカードのショッピング枠を利用して購入した商品の転売行為なのです。この行為は法律的に見てどうなのか、違法ではないのかという意見はありますし、実際に法的なトラブルに巻き込まれてしまう可能性もゼロではありません(最近ではかなり黙認される事例が増えてきているようですが)専門の業者に依頼すれば、現金化の際にこうしたトラブルに巻き込まれるリスクがかなり小さくなるので、そういう意味でも、現金化を行う際には専門の業者にまず相談を持ち掛けるというのが基本の流れになっているようです。