Monthly Archives: 4月 2017

格安simのデメリットと対策について

格安simの料金が安いのは分かっているけど、実際に変えてみてデメリットはないのかという不安はあります。大手キャリアを長年使っていると使いやすさに慣れているため、少しでも不安要素があると格安simに変えるのは抵抗があります。

そこで、格安simのデメリットとその対策について紹介していきます。

キャリアメールが使えない

格安simに変えるとキャリアメールが使えなくなるので困ると思っている人は多いのではないでしょうか。

キャリアメールがあれば確かに便利なのですが、スマートフォン同士でやり取りを行う場合は、メッセージアプリやSNSを使ったり、キャリアメール以外のヤフーメールやGmailのメールサービスを使ったりしてやり取りしている場合が多くなっています。

つまり、スマートフォン同士でやり取りを行う場合は、キャリアメールが使えなくてもほとんど問題ありません。

問題があるとすれば、スマートフォンとガラケーがやり取りを行っている場合です。ガラケーは、キャリアメール以外は受信できない設定になっているため、ヤフーメールやGmailが受信できません。

しかし、指定受信をするなど個別にメールアドレスの受信設定を行えば、スマートフォンからのメールも受信できるようになります。

もし、ガラケーを使っている人とやり取りを行うなら、受信設定をお願いしておきましょう。

電話のかけ放題の時間が短い

格安simを契約すると、長電話をする人や頻繁に5分を超える通話をする人にとっては割高になる可能性があります。

それぞれの格安simの会社は、何度でも3分間以内の通話や5分間以内の通話は無料でできるオプションが存在します。

しかし、それらの時間を超えると通話料金が発生するため、頻繁に長電話をする人にとってはマイナス要素になります。

そこで、この問題を解決するために3つの提案をします。まず1つが、スマートフォン同士で通話をするなら通話アプリを使うことです。通話アプリ同士なら通話料金が発生せずに無料で行えます。

2つ目が、固定電話に多く電話をするなら050アプリを使うことです。050アプリを使えば、3分で8円程度の通話料金で電話ができます。30分の通話でも80円程度ですむことを考えると、利用しない手はありません。

最後の3つ目が、通話はキャリアの携帯電話を持ちながらかけ放題プランを利用して、通信は格安simのスマートフォンで行うように2台持ちにすることです。この方法なら、通話時間を気にせずに電話ができます。

以上が、格安simのデメリットと対策方法になります。

どんなデメリットがあるのか、どんな対策をすれば使いやすいのかを知っておけば、抵抗を感じることなく格安simに契約ができます。

ネットで話題の格安simを比較してみた