利息負担が大きい?記録に残る?キャッシングを利用するデメリット

キャッシングを利用するデメリットとは?


キャッシングをする事にデメリットにはどのようなものがあるのか考えてみましょう。まずひとつ挙げられるのは、やはり金利の高さだと思います。消費者金融を利用する場合には、大体どこも年利18%程度です。これは1年後には借金が1.18倍になるということ(返済したぶんを考慮しない場合)ですから、ばかにできません。10万円の借金が11万8千円になるわけですからね。計画的に返済していくことが不可能そうなのであれば、キャッシングを利用すべきではないでしょう。

ちなみに、銀行から借りるなど、利息負担を小さくする方法もありますが、その場合は審査が厳しくなります。消費者金融のキャッシングは、審査が緩いぶん、それだけ利息負担が大きくなるんですね。どちらも一長一短といえるでしょう。

また、キャッシングには、お金を借りたという記録が残るというデメリットもあります。あなたが借金をしていることを周囲の人は知る由もありません。しかし、たとえば興信所を使うなどして調べれば、借金があることはすぐにわかります。過去にさかのぼって調べることもできます。これから結婚を控えているだとか、就職しようと考えている会社の個人調査がかなり厳しいらしいとか、そのような方はキャッシングをすべきではないでしょう。

キャッシングは最後の手段です。親にも友人にも頼ることができない、働いてお金を得ることもできない、物を売っても足らない、という状況に陥ったとき初めて利用すべきものなのです。今の時代、ちょっと借金があったからって、婚約が破棄されるとか、そういうことは滅多にないと思いますが、やはり、他に打つ手があるのなら、そちらを優先して実行すべきでしょう(参照サイト→http://xn--q9j2c4em8a9dzlwe1110dps3c.net/)。

最後に、キャッシングのデメリットとして、金銭感覚がおかしくなる可能性があるというのを挙げておきます。キャッシングは、その会社のカードを持っていれば、コンビニATMですぐにでもお金を引き出す(借りる)ことができます。そのような状況にあると、人間はどうしても、自分がお金持ちになったように錯覚してしまうのです。借金という選択肢がなければ絶対に買わないものにまで手を出してしまう。絶対にやらないであろう遊びにまで手を出してしまう。キャッシングをすると、そのような金銭感覚になってしまう危険性があるんですね。

お金を借りること自体は全然悪いことではありませんが、それはいずれ返さなくてはならないものであることをしっかりと自覚しましょう。そのように自分を律することのできる人にしか、キャッシングをおすすめすることはできません。気を付けてご利用ください。